自宅にプール

大富豪で、自宅にプールとかジムとか、テニスコートとかがあるような人はコロナで自粛になっても問題はあまりないんだろうなー。いいなー。
メーガンもそうか、、、あそこにはテニスコートがあるはずだ、、すごいなーー。
でも、そんな¥大きな家に住むには維持費がかかる。
そこまで稼いでいなかったらできないのだ。
それにしてもこういうセレブってのは普通のアパートには住めないものかなーー。
セキュリティ万全でもw?
アメリカにいるYOSHIKIさんも荘みたい。
音楽は作れても料理はできない、と、毎日デリバリーだそうです。
この1年ずっと。これはこれですごい。
でもこれだって家にジムやプールがあるから。
音楽だけにチカラを注げば維持費なんてなんて来ないはず。
家でワイン飲みながら音楽を作る、、料理はできない、しない、、、これで生活ができる人、、いいよねーー。
でも考え方によっては「維持費のために料理も楽しめない」ということもできる。
嫌味ではなく、ね。
それぞれ、それぞれの思いと生活の中で大変なのだ。

裸足の・・・映画

映画「裸足の1500マイル」っていう、昔のオーストラリアの話があるのですが、、、知ってます?
これ、もう何度も見てはいつも考えたさせられます。実話ですよ、実話!
あんな小さな女の子が2400キロも歩いてお母さんに会いに行くなんて。
フェンスだけを頼りに、、、?ありえないでしょ?
でもやったのだ、、、そんなお話だからね、もし見てない人で、これあら見る人はハンカチを用意ー。
追ってくる白人とアボリジニもすごい。
白人は本気で「救ってやってるのに!」って思ってるし、アボリジニは頭がいいから色々な手を使って探すんだけど、、待ってよ、、、逃げてる方もアボリジニだからね、、、頭がいいわけよ。
自然もよく知ってる。
この辺りも面白い要素ですが、そこではなく、、、
実際にあった話、ということと、教育するといういいわけのもとに親子を離すとは何事か。
親と子はまだ一緒にいるべき年齢だ。
これを政府が正式に謝罪したのはこの映画の公開の何年も後です。

「盗まれた時代」とも言われています、有名だから覚えておこう。

ハマってる番組

知り合いのお母さんが、テレビ番組の「相棒」にハマっています。
私は見たことがないけど、面白いらしい、、、なんか、、事件性があった気がするけど、
それが一人の俳優さんのことで、番組に問題があったわけではないよね??
記憶が、、、。

さてそも「相棒」ですが、刑事ものでしょ?
なんか日本は刑事ものの番組が多いような気がします、外国でも多いのか、、、汗。
刑事ものっていうのは、本当の刑事さながらの小道具が使われるって聞きました、
警察官も出てきます、監視官とかも、、
そこできてる服とかけいさつてちょうtおか、本物さながらではないですか。
あの技術があったら、一般の人にも警察に扮してしまわれるってことで、
昔あった「三億円事件」みたいな。。
警察の格好してたら誰もが信じてしまいますからね、怖いですーー。
特にお年寄りはやばい、気をつけなくちゃいけないものだ。

だから、ハマっている番組はそれで楽しめばいいけど、本物とテレビで使うものの市街、とか、
そいいうのを知っておきたいなーー。
絶対役に立つと思うんだ。

翻訳という仕事

英語がやっぱり一番多いんでしょうけど、翻訳という仕事があって、あれって、
誰かがまずは翻訳をして、その後必ずチェックが入るらしいのです。
そのチェックする人は、それがどんな出来デモ給料は変わらない、つまり、
素晴らしく良く出来た翻訳でも、全く最初から作り直しにようなものでも、同じ金額の報酬なんだそうです。
すつと、何もしなくてもいいような翻訳のほうが楽ですよね。
でもなかにはすごい悪いのがあって大変らしいです。
英語の翻訳の質の良さっていうのはあるだろうけど、問題は
「文法とか、言葉の使い方がまったくなってない!」
っていうのがあること。
それを読んだその国の人は、、理解できなくなる、とか、混乱する、ということだ。
チェックする人がいなかったらそのままで、もらって読んだ人(ユーザー)は笑うしかない、、。

日本語でも時々「これ、プロがやったんじゃないよね」っていう日本語訳があったりするでしょ?
あういうのでしょうね。
笑っていられるものならいいけど、学校の教科書とかだったら、
子供が理解できるようなものにしなくちゃいけない。
翻訳家っていろいろなんですねーー。

実は分かってない

メーガンとヘンリー王子のことでもよく言われるようになったネットふりクスだけど、
それが何なにか自治は分かってない笑
お金を払うものなのかな?
そんな知識です。
お金払ってまで見たいものはないから別に興味はないし、メーガンらが作った(かかわった?)というものもkと海がない。
つまりは、必要のないものなので、知らなくてもいいのです。
ただ話にはついていきたくて。

今後はこのネットふりクスが中心になっていくのだろうか?
ますますNHKみたいなのは人気がなくなるのかな?
世界中同じ?
そこもまるでわかってません。
お金を払ってまで見たいのは映画だけど、一本数百円ならいいけど、何全園もするなら映画館に行くし、
月額だと、見る月もあれば見ない月もあるから、これも考えてしまう。
でも多くの人がこういうのをちゃんと利用してるんでしょうねーー、
ついていけないですーー。

満州国とはなんだったのか

よく言われる「満州国」、、実はよく分かってないけど、少ない知識の中ですごーくシンプルにいうと、
日本が作りかけた幻の国、、ってことになるのかなと思う。

そこの君主みたいなものに、愛新覚羅溥儀がなり、ヵレはのちに「日本に利用された」というんだよね。
そうかもしれないし、結果的にそうなっただけ、ともいえる。
満州引き上げ、という言葉もあって、それは、満州というところから日本に帰った人のこと。
ひとことでは語りつくせないけどね。
満州で生まれた、満州で育った、って人は多い。
それが何を意味するのかはしらないけど、なんとなくならわかる。
またわからなくては。
日本人なのだし。

知り合いに、まさに「万種で生まれて育った」という人がいました。
今はお亡くなりになられましたが。
その人は、国籍は違うけど日本語を話し、しかもかなり流ちょうというか、もう完璧に日本人でした。
効けば、日本人学校に入ったということで、おそらく両親も日本人だったのだと思います。
でもパスポートはどういうわけかアメリカでした。
なんだか色々な事情があったようですが、詳しくは知りません。
こんな人が多いんだろうなと想像します。

お皿を片づけるタイミング

今はレストランでお食事、、なんて時代ではないですけど、
レストランに行った時、オーダーしてそれを食べ、飲み、、、美味しかったねー、の時に、
お皿を下げるタイミングというのがあって、
コースなら、前のお皿が残ってるうちは次の者は出てこないけど、
居酒屋みたいなところでは、次々にオーダーして、前のが余ってても片づけたりしない。

片づけていいものはよけておくとかしたら店員さんは持っていってくれますよね。

以前、知り合いが、カフェで働いていて、
「もうこれは終わってるな」と思ったお皿を片づけたら、

女性客から厳しく
「どうして断りもしないで持っていくの!」
って怒られたそうです。

謝ってその場はおさまったのですが「おさげしてもよろしいですか」って言葉が欲しかったらしい。

この話を聞いた時、なんて客だ、って思ったんです。

だってその知り合いがいうのは、
夫婦出来てて、旦那さんはマナー違反ばかりしててハラがたった、ってことでしたから。
あまる詳しく書くと、これ読んでるといけないので(!)書きませんけど、
そういうことしてて、自分は店員さんにクレーム。
なんだそれ。

パソコンの速度

使ってるパソコンの速度は、もともと買った時から遅いし、遅いものなのだ、
って思ってきましたが(それしかできないし)、
人のノートパソコンを見ていると、早い早い!!
マックとウインドウズの違いもあるでしょうけど、それにしても早くてビックリ。
あんなんだったらストレスもないでしょうねーー。
ストレスがないのが一番です。

パソコンの速度はもうどうしようもない(と思ってる)ので、いかにその待ち時間をイライラしないで過ごすか、に命かけてます。

どうしているか、ですけど、手元に他のもの、スマホとかを見てます。
そんなことしたらもっと遅くなるじゃないかー、って?
それでも、ただ待ってるのは嫌なのです。

目の前でクルクルと回って泊まってしまうパソコンを見てるのってすごいストレスなんですよ!

出来ることがぁるなら別のことしたいでしょ?
皆忙しいですもんね。

その為にスマホをいつも置いてますし、時には他のことをしたりもしてます。
例えば、、掃除とか。。笑

そうでもしないとやってられないの。

耳の異常

子供のころから、テレビとかスマホなどで育つ今の子供、、、。

イヤホンを使う機会も増えて、そのために耳の異常が多くなってるんですって。
耳鼻科はおお忙し(?)。
まーそれは冗談としても。

耳の以上って、特に子供は知らないうちになっていて、そのまま過ごし、
親が気づいた時には遅い、、ってこともあって、だから子供の耳には気を使っていないといけない。
その前に、あまりスマホとかテレビとかを大音量で聞いててはいけませんね。
そこですよ。

知り合いのお子さんがそうでした。

この子はなんだか反応が遅いな、、で心配して医者にいったのですが、分からず。。
そうこうしてるうちに「耳が聞こえていない」って事が分かったんです。
治療でなんとかなるみたいですが、それにしても、、反応が遅いのは聞こえていなかったから、、なんて悲しい。

とにかく気を付けましょう。
親御さんもお子さんの様子に敏感になってくださいねーー。
なんかこの話を聞いたときはほんとうに悲しくなったんです、、。

なんか「痛い」

知り合いが、お付き合いしてる彼氏のことを褒めるたびに「痛い」って感じます。
どうしてだろうって考えたのですが、
"そんな立派な彼氏じゃないかえあ"が大きな理由だろうと。
頑張って褒めている感じがしてしょうがないからです。
だれもそんなふうに思ってないから。

それでも彼女の彼氏を褒めたい感じはあって、いつまでも続きます。
誰も聞いてないよーー。
彼氏のことを褒めてもだーれも信じてないからーー。

「痛い」だけ。

もうやめたらいいのに、、と思いながらも、言えばきくしかない。
相手も分かっているのだ、誰もこの話に藩王しない、ってね。
反応したくてもどうしていいのか分からないから出来ないんです。
褒めても「痛い」だけで、そう思ってないし、思えないから。
そろそろ分かってくれないかなー。

その友達の事は好きなんだからさ、もう彼氏のこというのやめてーー。
、、って、心では言えるけど、めんと向かってはいえないのであった。
そんな自分も「痛い」のかも。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12
  • 薬剤師の転職で最近人気のCRAの求人サイトについてまとめてみました
  • 保健師についての情報サイトを見れば保健師の基礎情報がわかります。