朝早いのが辛い?

アナウンサーの小倉さんが、朝3時に起きるのがつらいって言ったそうです。
70歳なんですってねー、若い!
でも、仕事とはいえ朝早く起きるのが辛いらしいです。
病気もされたようですしね。

「昨年が一番ピンチだった」と吐露して、昨年5月に膀胱がんを患っていることを公表し、
その後は摘出手術をせずに、現在も「勉強しながら」点滴による遺伝子治療を続けています。

小倉は会見の最後に、「膀胱がんはすごい再発しやすいというので、安心できない。
一生病院かな。それに膀胱がんの原因は40%が喫煙だという。
オレもヘビースモーカーだった。皆さんもお気をつけて」と締めたよう(笑)。

それにしても、私は見てませんが(えーーーー!?)お元気そうだし、けっこう人気があるようで、番組も本人もね。

名司会者とか、長きにわたって番組をつづけた人とかおおいですけど、
小倉さんもそんなすごい人のひとりになるのでしょうね。

見てないけど(おい!)、素敵な人だと思っています。
朝の番組じゃなくてもっと昼間の番組にするとかね、、、
つらいことはなるべく早く降りて、元気なまま他で活躍もしてほしいですね。

頑張ってください、これしか言えないですーー。

鼻水

外を歩いていても鼻水が出ます。
ずーずーとすすっては歩くのですが、時々ぶしゅーーって出したくなるときもあるんですよ。
ティッシュがあればまよわずしますが、ない時はトイレのあるところまで我慢して
なんとか頑張ってトイレでトイレットペーパーを借りて(返さないけど)ぶしゅーーって出すようにしています。

あまりずるずるとすすってばかりではよくないんですって。
菌を身体のなかに入れてるようなものですもんね。

鼻水の悩みは長い間堪えませんが、それでも慣れるというよりは苦痛が深まるばかり。
一度鼻をとって水道で洗いたいくらいです、無駄でしょうけど。
綺麗にすっきりさせたいです。

鼻水で悩む人は多くて、人前で鼻をすすってばかりで目の前にいる人も、
もちろん本人も本当に嫌なものなのです。
でもどうしようもない。
なので誰かが鼻をすすっていても私は嫌な感じはせず、嫌な顔ももちろんせず、
可愛そうに・・・と思うのです。
辛いんですよー、それを気にしているとストレスですからね、まわりも気を遣うべきだと思うのです。

だって明日は我が身ですよ。
誰だって、明日は鼻炎になって苦しむようになっても不思議ではないのだ。
健康な人ってそういう苦痛は分からないのよね。


失恋

むかーし、失恋レストランっていう歌がヒットしました。
すごい昔です。
謳っていたのは清水健太郎って言うのですが、この人何回もドラッグで捕まっていまして、
今は・・・なにしてるのか。。

気になったので調べてみましたら、
現在、清水健太郎はライブ活動を行っているようすがわかってきました。

現在、清水健太郎のライブ活動はライブハウスからディナーショーなどあらゆる場所で行われ、
地方にも積極的に足を運んでいるようす。
現在の清水健太郎は歌手としての仕事が中心になっているようです。
歌手ですもんね。。

1983年、大麻取締法違反で逮捕された時『Gメン'82』で刑事役だった清水健太郎。
逮捕後の85年に最初の結婚をしています。
現在の清水健太郎と比較すると、デビュー当時はかなり痩せている印象が残ります。
画像乗っけたいくらい。

最初の結婚相手はアメリカ人だった清水健太郎。
息子が一人いてアメリカに在住しているらしい。
そうなんだー。

4回の逮捕歴、ってなってたり、7回ってなってたり、、、もうこれだけたくさんタイホされてるとどうでもいいですね。

ケーキ

ケーキを焼くとほんわか甘い匂いがしてきますよね。
先日、とある家の前を通ったらキッチンが併設してたのか、そんな匂いがしてきました。

私は甘いものが苦手なのですが、ほんわかと、しかも遠くからただよってきる匂いはなんともよかったです。
これが自分の家だと、しばらくは匂いで気持ち悪くなるときもあります。
ケーキが嫌いなどというとすごい変な顔でみられますけど、
いるんですよー、こうやって。

ケーキを食べないわけでもないんです、ケーキによります。
ここがワガママなんだろうけど、でも一般的に(?)苦手。

どんなケーキならいいのかって?
あまり甘くなく、クリーム系じゃなかったらいいのかな。
フルーツが乗っかったのなんていいですね。

ようするにクリームたっぷり、なのがダメ、甘いのがダメ、です。

うちでケーキを焼いていて、誰かが「いい匂いだな」って思ってくれるのは嬉しいです。
でも、家の中でもがき苦しんでいる人がいるってことですな。

ケーキが好きでよく焼く家族がいるって、、、苦しいのですよ。
ワガママですみません。。

チョコの効能

チョコレートは身体に悪いみたいなイメージあるかもですが、そんなことはなくてですね。
ひとときはダイエットにもいいと言われてましたよー。

そりゃたくさん毎日食べてたらよくないでしょうけど、カカオにはいい栄養分もたくさん含まれています。
チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、小腸で吸収され、
血管の内部に入っていきます。

血管の内部に炎症が生じている場合には、その炎症により、血管が狭くなり、
赤血球が通り抜けにくくなっています。
そこに、カカオポリフェノールが作用することで、炎症が軽減され血管が広くなる効果が期待できます。
これによって、赤血球が通りやすくなると考えられます。

実験したこともあったみたいで、その実験によると、
チョコレートで肥満になるとの結果は得られなかったと。
あくまでもその実験では、ですよ。

たくさん食べたら肥満になるし、でもチョコレートだけが悪いのではないですしね、
食事はバランスです。

そこそこに、もし嫌いでなかったら食べてみていいと思います。
わたしはチョコレートが大好きなのでダメって言われても食べますけどね(笑)。
もちろん
野菜も、他のものもバランスよく食べますー。

パワースポット

パワースポットという言葉は、最近は認知されていますねー。
なにも感じない人でもいいのか?


「パワースポット」という言葉は、ここ数年に登場したものですが、
特定の場所にエネルギーやパワーがあるという考え方は、
心霊主義(スピリチュアリズム)の考えの中では、かなり昔から存在していたんだそうです。

最初に「パワースポット」という言葉が登場したのは、
1990年代始めに超能力者を称する清田益章が"大地のエネルギーを取り入れる場所"として
「パワースポット」という言葉を使用しています。ね。

1990年代後半には、風水ブームの中で特別な"気"を得られる場所を
「パワースポット」と呼んでいます、、、けど、その気ってやつが感じられなくても、
行けばなにかいいことがあるのか?ですね。疑問は。

全国に、いや、世界にたっくさんあるパワースポットですけど、行ってもなにも感じないならば、
行ってもしょうがないのかなと、、、個人的には思っています。
自分は感じないタイプだし、行きたいとも思わない。

どうでしょう?皆さんは??

フランス人

ちょっとフランス人から嫌な目にあいました。
個人的なところもあろうかと思うけど、友人にちらっとこの話をしたら
「フランス人だから」
ってことで、気になったのです。
フランス人って、ちょっと嫌な感じなの?(笑)

フランス人はよくプライドの高い国民だと言われますが、フランスで暮らす日本人も、
フランス人はつくづく高慢で"面倒くさい奴ら"だと思うことがあるんだそうです。

好き嫌いがはっきりしているフランス人は、日本人にとっては当たりが強すぎる側面があって、
これが原因でフランスを嫌いになってしまう日本人旅行者も少なくないそうですよ。

結局はプライドか。

「フランス語は世界で一番美しい言語だ」と思っている人が多いからこそ、
外国人にもフランス語を話すことを要求するのではないかと思います。
パリに来た日本人旅行者が英語で道を尋ねると、
「フランスにいるのだからフランス語で話なさい」と英語で叱られたという話もあるほどです。
実際に、片言であってもフランス語を話すのと英語で話すのではフランス人の対応も180度変わるんだそうで。

結局はプライドじゃないか。。。

へへへ。。。

白衣の天使は看護学生の永遠の憧れ

白衣の天使...今では死語なのかもしれないけど、やっぱり

看護学生にとってはあこがれるものです。

私もどれだけあこがれ続けていたか。

そのあこがれが現実になるまでもう少し。

実際に働き始めたら辛いことや大変なことがたくさんあるんだろうけど

やっぱり夢の実現はうれしいものです。

まだ気が早いと思われてしまうかもしれないけど、今から

ドキドキわくわくしちゃってます。

でもそんな気持ちを友達には悟られたくないからあんまり話したりはしないけどね。

夢見る少女みたいで恥ずかしいもんね。

今の時代自分の選択した職業に就くことって結構大変なことだろうから

私は幸せなんなんだよね!

折角夢叶うんだからどんなに辛いことがあっても投げ出さずに頑張ろうって

思っています。

娘が目指す医師

うちの娘はまだ小学生だが、中学進学の話をしたときにはもう自分の進路は決まっているといっていた。最近「将来何になるの?」なんて話をしていなかったもんだから、久しぶりにそういう話が出来ると思って聞いていたら娘は「私も将来女性医師になって、テレビとかに出る人になりたい。」と言った。医師という言葉にまず驚いたが、テレビに出る医師というのがまた不純な動機すぎてたまげた。娘が最近テレビでよく見ていた人気女性医師の影響であることは即座にわかったけど、あの女性医師も歯に衣着せぬ物言いが面白いということで人気が出たようなものだし。

まず医師を育てる経済力なんてうちには無いし、テレビに出るような人にはなって欲しくない。もちろんきちんとした立場でテレビに出るというならいいが、その女性医師のように半分芸人のようなものだし。せめて大学病院のお医者さんみたいになってほしい。とにかく否定はしなかったけど、申し訳ないくらい応援できない将来だった。人の命に関わるとか人助けとか、そういう理由で医師を目指すとかなら色々資金工面考えたりするけど。ちょっと方向性がずれたかなという感じ、娘ももともと影響されやすいとこあるしまだ小学生だからそんなに考え込むようなことじゃないだろうけど・・たぶんね。


就職前の不安

だんだん就職するまでの期間が短くなってきた今、少しだけ不安も増えてきた私。

看護師って奥が深くていくら勉強をしっかりしているからといってもすぐに一人前に働けるわけじゃないよね。

看護師になってもまだまだ見習いって感じだよね。

見習い的な期間を私はしっかり終えることが出来るのかなぁ...。

しっかりとした看護師に成長することが出来るのかなってね!

途中で投げ出してしまいそうで怖かったりします。

まだ始まってもいないうちからこんな風に悩んでしまっても仕方がないんだけどね。

一緒に卒業する友達にもそんな私の心の中は話してません。

なんだか笑われちゃいそうだもんね...。

みんな不安とかないのかなぁ?

それとも私みたいにいろんな思いがあっても口にしないだけなのかな??