私って看護師に向いていないのかな~と思う瞬間

何事も向いている・向いていないってあると思います。運動とか勉強の科目とかもそうですけど...それは仕事にも言えること。接客が向いている人がいれば、向いていない人もいる。工場などで細かい作業をすることに向いている人がいれば、当然その逆もいるわけで。

自分に向いているお仕事を選ぶことって、とっても大事なことだと思うよ。アルバイトを始めたばかりの学生さんによく見られるけど、自分に向いていない気がしてやめようか悩んでるっていう話。ああいうので「向いていないことを理由に仕事を辞めるなんて甘い...」なんてことをいう人もいるけどさ。私はむしろ、学生の今のうちに大いにいろいろなバイトに手をつけてみればいいと思います。んで、自分には何が向いているのか、向いていないのか...それを知っていけばいいと。自分には向いていないと思って辞めたお仕事でも、他のお仕事をやってみたら案外自分に向いているものだったって、気づくことだってあるんだからね。そりゃ何でもかんでもやだーやだーじゃダメだけど。ある程度自分に合ったものを見つけるために模索することは、バイト初心者には必要だなあと思う。

実際、私もそんな風に模索して今の看護師という職業が一番自分にあっているってことに落ち着きました。でもね...どんなに自分にあっていると思ってるお仕事でも、絶対つまづくことはあるんですよね。「あぁ、やっぱり向いていないのかなあ」と思うこと、ありますよ。患者さんたちに尽くしていても、必ずしも全ての人がそれに応えてくれるわけではない...そんな事態に直面したとき、イライラしてしまう自分を感じて、「あぁ...向いてないのかなあ」とかね。

でも、本当に向いていなければ、そもそもこの職業に定着していないわけで。晴れの日もあれば曇りの日、雨の日もある...。ちょっと曇りになったくらいで、雨が降ったくらい、なんてことないでしょう!...と、いつも自分に言い聞かせています。
本当に向いているお仕事に出会えれば、こういうふうに頑張っていけるものだと思う。だから、そういうお仕事が見つかるまで...たくさん試行錯誤すればいいと思うんだ!急性期病院のナースの求人は今探してるんですがさあどうなるんですかねえ・・・・

このブログ記事について

このページは、そらが2013年6月12日 13:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「看護師になるまで後...」です。

次のブログ記事は「看護師まで後もう少し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。