2014年5月アーカイブ

看護師のたまごの彼女

何でも資格を取るのは大変ですが、看護師の勉強をしている子が「支払いを済ませてあったから、当たり前なんだけど、今年用の教科書が届いた~」とメールしてきましたが、画像をみてビックリでした。
山のような本で、独り暮らしだから必要ないからと、けっして広くない部屋なのにどうしようって話です。
前年度の本も同じようにあるのですが、復習しようとしたら必要だし、書き込みたくさんしていて捨てるに捨てられず、かといって全部置いたら狭くなるしって悩んでいたみたいです。
引っ越す手段も資金もないので、結局は暫く部屋に置くのでしょうが、確かに悩んじゃうよねって思いました。
思いきって処分すると全く用事が無かったのに、今になって不思議と必要になったりするし、あると安心って感じなのかもしれません。
こうなれば、資格をとってバリバリ仕事をして大きな部屋に引っ越すしかありません。
仕事を始めたら復習している時間はないかもしれませんし、初めは仕事をこなすだけに時間をとられるかもしれません。
実習やら授業に忙しい末に勝ち取る看護師の仕事。
患者の立場からみたら「天使に見える看護師という職業」です。
普通の仕事以上に失敗は許されないと思いますが、頑張ってほしいなって思います。
将来は産婦人科に勤めたいみたいですね。産婦人科の看護師の志望動機ってどう書くんですかねえ・・。

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。