パワースポット

パワースポットという言葉は、最近は認知されていますねー。
なにも感じない人でもいいのか?


「パワースポット」という言葉は、ここ数年に登場したものですが、
特定の場所にエネルギーやパワーがあるという考え方は、
心霊主義(スピリチュアリズム)の考えの中では、かなり昔から存在していたんだそうです。

最初に「パワースポット」という言葉が登場したのは、
1990年代始めに超能力者を称する清田益章が"大地のエネルギーを取り入れる場所"として
「パワースポット」という言葉を使用しています。ね。

1990年代後半には、風水ブームの中で特別な"気"を得られる場所を
「パワースポット」と呼んでいます、、、けど、その気ってやつが感じられなくても、
行けばなにかいいことがあるのか?ですね。疑問は。

全国に、いや、世界にたっくさんあるパワースポットですけど、行ってもなにも感じないならば、
行ってもしょうがないのかなと、、、個人的には思っています。
自分は感じないタイプだし、行きたいとも思わない。

どうでしょう?皆さんは??

このブログ記事について

このページは、そらが2017年3月 1日 06:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フランス人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。