チョコの効能

チョコレートは身体に悪いみたいなイメージあるかもですが、そんなことはなくてですね。
ひとときはダイエットにもいいと言われてましたよー。

そりゃたくさん毎日食べてたらよくないでしょうけど、カカオにはいい栄養分もたくさん含まれています。
チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、小腸で吸収され、
血管の内部に入っていきます。

血管の内部に炎症が生じている場合には、その炎症により、血管が狭くなり、
赤血球が通り抜けにくくなっています。
そこに、カカオポリフェノールが作用することで、炎症が軽減され血管が広くなる効果が期待できます。
これによって、赤血球が通りやすくなると考えられます。

実験したこともあったみたいで、その実験によると、
チョコレートで肥満になるとの結果は得られなかったと。
あくまでもその実験では、ですよ。

たくさん食べたら肥満になるし、でもチョコレートだけが悪いのではないですしね、
食事はバランスです。

そこそこに、もし嫌いでなかったら食べてみていいと思います。
わたしはチョコレートが大好きなのでダメって言われても食べますけどね(笑)。
もちろん
野菜も、他のものもバランスよく食べますー。

このブログ記事について

このページは、そらが2017年4月 1日 00:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パワースポット」です。

次のブログ記事は「ケーキ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。