エヴェレストの話

まったく知らなかったのですが、1996年にエヴェレストで大量遭難があって、
それが映画になってたんですね。
日本人も遭難しました。
知らなかったー。

映画を見てはじめて知りました。

さらに知らなかったのですが、こうして一般の登山家がエベレストを登れるようになったのはつい最近で、
そのためのビジネスもあったんですねー。
しっかし日本人も遭難したとは。
映画では、盗聴した時に「ありがとう!」って叫んで日本の国旗を立てていました。

史上二人目の登頂者なんだそうです。
でも英語には少々難があったとか。
映画でも描写されていました。

彼女は盗聴はしたけど、生きて下山出来なかったので「登頂は生きて下山してこそ」という考えの人からは
登頂したとは考えられなかったとかです。
悲しいですねー。

この登頂には1千万くらいの費用を払うそうですよ、
あんな寒いところに行くのにそんな高いお金をどうして払うのか、、、
私にはまったく理解でsきません。

でもきっと「そこに山があるから」昇るんでしょうねー。

スポンサーもいない自費での登山で、あまり有名ではなかったとのことです。
でも知ってる人はいるのではないかな。

このブログ記事について

このページは、そらが2019年1月 1日 15:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「神聖な場所」です。

次のブログ記事は「長いフライト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。