胃カメラ

胃カメラを飲むかもしれません。
ひゃーー、恐怖ですーー。
何もなかったらj恐怖だけですが、これで何か見つかったら感謝と怒りで狂いそうだ。
何もないならそれでよし。

どの人もどの人も「嫌だった」「怖かった」と書いてあります。
そりゃ終わった人は安心してるのであっけなく書いてますが、
怖いのなんの。。
出来ればやりたくはない、でも、、やtらねばならぬ、、かも、です。

麻酔をかける病院もあるみたいです、人によってはかける、とか、
希望次第、とか、、、お金次第、、とか、いろいろですねー。

私はもう麻酔してください派なのですが、付き添いがいないといけないとか。
帰りは一人で帰ってはいけないとかです。
なんてこった。
誰か来てくれたら絶対麻酔を選ぶよ。
とはいえ、まだ決まったわけではないのでね、決まったらまた大騒ぎすることにしようっと。

もしそうなったらまたガンガン書きますよ、読んでね!
胃カメラについての話なんて読みたくないかもだけど、
自分がその時になったら、どんな記事でも読みたくなりますよーー。

このブログ記事について

このページは、そらが2019年6月 1日 00:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「髪の毛」です。

次のブログ記事は「ナサを支えた人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。