インドで。

インドのとある、チベット人が多く住むあたりに行くと、チベット人がしてそうな
キレイな恰好いいアクセサリーがたくさん売られています。
以前言った時は興味がなくて見なかったけど、
今度は看てこようと思う、ちょっと今は興味があるのです。

日本人向け、てな見せなんてないと思うから、世界中の人の好みで品物が置いてあるはず。
そういうところがいい。
日本人向け、なところだろ、日本人にとっては珍しくないようなものばかりが、
ようするに無難な、どこにでもあるようなものばかりしかないから。

自分の好みも、皆と同じは嫌、なのであーる。
オシャレなカフェも最近は増えてきたその待ちでは、もちろん日本人もいる。
その日本人を見ていても、どれも同じ。
大変失礼ですが、同じ化粧、同じ服、同じ表情、なんです。
アクセサリーとかくらい、なんか違うものを、、って思うけど、
そこは「日本人向け」のお店がないので、買ってもしないか、買わない(?)。
違ったものを飼っても自分で(日本流に)アレンジしてしまう人が多いね。

アクセサリー作家さんもそう言っていました。
アイデアも思いつかないらしくて、どうしても似たようなものになりがちなんですって。
またそういうものが売れるとか。
そうか、、、個性が嫌われるからね、、、文化的に。
その人の好みですが、なんか違うものもつけてみよーー!!

このブログ記事について

このページは、そらが2019年9月 1日 17:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HPが!」です。

次のブログ記事は「無理でしょ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。