アンティークもの

アンティーク好きにはたまらない、アンティークのフリーマーケットとか、
モチロン骨董屋さんや、そのままズバリのアンティーク・ショップ!
私も大好きなのです、行くと興奮します。

でも最近、ガイコクのテレビでもそういう番組があって、それを見るのも好き。
ときには、たった150円程度で買った指輪がダイヤだって事が分かったりして、
それを買った人も大コーフン、とかありまして、
見てる私も大コーフンでした。

価値があったから、それを売ればもうかる、とかではなくて、
フリーマーケットや骨董屋なででそういうものを見つけて買った、
という、自己満足なんです。
この嬉しさは骨董好きじゃなかったら分からないでしょうねーー。
あー考えただけでも興奮します。
時には家のなかにあって、それを鑑定してもらって、すごい価値のあるものだった、
ってのがわかることもあって、それも興奮します。

ただそこにあったもの、物置にあったものが、歴史的価値があったなんてすごくないですか?
これも、お金がどうとかではなく、嬉しいものなのです。
アンティーク好きとは違う意味でね。

アンティークものの番組、やみつきです!

このブログ記事について

このページは、そらが2020年2月 1日 00:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「堂々巡り」です。

次のブログ記事は「あー、だからなのか??」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。