翻訳という仕事

英語がやっぱり一番多いんでしょうけど、翻訳という仕事があって、あれって、
誰かがまずは翻訳をして、その後必ずチェックが入るらしいのです。
そのチェックする人は、それがどんな出来デモ給料は変わらない、つまり、
素晴らしく良く出来た翻訳でも、全く最初から作り直しにようなものでも、同じ金額の報酬なんだそうです。
すつと、何もしなくてもいいような翻訳のほうが楽ですよね。
でもなかにはすごい悪いのがあって大変らしいです。
英語の翻訳の質の良さっていうのはあるだろうけど、問題は
「文法とか、言葉の使い方がまったくなってない!」
っていうのがあること。
それを読んだその国の人は、、理解できなくなる、とか、混乱する、ということだ。
チェックする人がいなかったらそのままで、もらって読んだ人(ユーザー)は笑うしかない、、。

日本語でも時々「これ、プロがやったんじゃないよね」っていう日本語訳があったりするでしょ?
あういうのでしょうね。
笑っていられるものならいいけど、学校の教科書とかだったら、
子供が理解できるようなものにしなくちゃいけない。
翻訳家っていろいろなんですねーー。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12
  • 薬剤師の転職で最近人気のCRAの求人サイトについてまとめてみました
  • 保健師についての情報サイトを見れば保健師の基礎情報がわかります。
  • このブログ記事について

    このページは、そらが2021年1月 1日 00:37に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「実は分かってない」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。