裸足の・・・映画

映画「裸足の1500マイル」っていう、昔のオーストラリアの話があるのですが、、、知ってます?
これ、もう何度も見てはいつも考えたさせられます。実話ですよ、実話!
あんな小さな女の子が2400キロも歩いてお母さんに会いに行くなんて。
フェンスだけを頼りに、、、?ありえないでしょ?
でもやったのだ、、、そんなお話だからね、もし見てない人で、これあら見る人はハンカチを用意ー。
追ってくる白人とアボリジニもすごい。
白人は本気で「救ってやってるのに!」って思ってるし、アボリジニは頭がいいから色々な手を使って探すんだけど、、待ってよ、、、逃げてる方もアボリジニだからね、、、頭がいいわけよ。
自然もよく知ってる。
この辺りも面白い要素ですが、そこではなく、、、
実際にあった話、ということと、教育するといういいわけのもとに親子を離すとは何事か。
親と子はまだ一緒にいるべき年齢だ。
これを政府が正式に謝罪したのはこの映画の公開の何年も後です。

「盗まれた時代」とも言われています、有名だから覚えておこう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12
  • 薬剤師の転職で最近人気のCRAの求人サイトについてまとめてみました
  • 保健師についての情報サイトを見れば保健師の基礎情報がわかります。
  • このブログ記事について

    このページは、そらが2021年3月 1日 19:29に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「ハマってる番組」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。